01「発見がしづらい」+「治療がしづらい」膵臓がん

近年増加傾向にあり、罹患すると死亡率が一番高い癌である膵臓がん。
死亡率が高い原因は 「発見がしづらい 」+「治療がしづらい」ことが原因です。

第1:膵臓がんの死亡率が高い原因

発見がしづらい

膵臓は胃の裏側にあり、曲がりくねった細長い臓器です。膵臓がんの初期段階では自覚症状もない場合が多く、自覚症状が出現時には進行している場合が多いのが特徴です。
また、以下の検査においても、簡単に発見できるものではなく、発見がしづらい状況があります。

採血の腫瘍マーカー
早期の膵臓がんは腫瘍マーカーでは測定出来ないことが多いです。

超音波(エコー検査)
膵臓が体の奥にあるため超音波が届きづらく、どうしても不明瞭となりやすい部分があります。

CT/MRI検査
膵臓がんは殆どが乏血性の為、一般的な癌と比べ、がんの陰影が判断しづらい状況です。
MRI-DWI、CT-低管電圧等、膵臓がんの見逃し防止措置や読影医師が症例を多くこなすことが見逃しを減らします。

内視鏡検査
胃の通常の内視鏡検査では膵臓は観察不能です。超音波内視鏡という特殊な検査で行う必要がありますが、採算性が悪く、実施医療機関は非常に少ない状況です。

イラスト 膵臓の位置

治療がしづらい

膵臓は比較的薄い臓器のため、癌が発生すると膵外に浸潤しやすく、周囲の重要な血管に浸潤したり、転移があれば手術できないことも多くあります。
このように膵臓がんは発見時に手術出来ない方が多く見られるほか、手術も難易度が高く、治療成績も全ての癌の中で最も成績の悪い癌です。

しかし、早期発見の小病変の場合には、最近は腹腔鏡下手術も行われるようになり、良好な成績が得られています。

第2:膵臓がんになりやすい人とは

膵臓がんになりやすい要因(危険因子)は、主に下記の7つが挙げられます。
該当する方は、定期的な検査受診をおすすめします。
また、これらに該当しない方でも50歳以上の2人に1人はがんになると言われていますので、年齢を重ねるごとに注意が必要です。

第3:膵臓がんのステージ別 5年以内に死亡される方の割合

膵臓がんはがんの死亡原因で男性4位、女性3位です。
死亡数が多いのは、 「発見がしづらい 」+「治療がしづらい」 ことが原因です。

平均するとステージ2とステージ3の間で発見されており、
罹患後5年以内に100人中87.9人の方がお亡くなりになってしまっています。

がんの死亡者数 上位1位~7位 (2019年)と5年生存率

出典

全がん協部位別臨床病期別5年相対生存率 (2010-2012年診断症例) 2020/11/19改定 【膵癌の早期診断最前線】膵癌早期診断の現状―膵癌早期診断研究会における他施設研究の結果をもとに―膵癌登録報告 2007(日本膵臓学会)
全国がん罹患モニタリング集計 2009-2011年生存率報告(国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター, 2020)

  1. 膵臓がんの早期発見に対する当院の取組み >
  2. 膵臓がんとは >
  3. 「発見がしづらい」+「治療がしづらい」膵臓がん
当サイト監修
Seishi Sawano, MD, PhD
澤野 誠志 放射線診断専門医
AIC八重洲クリニック 理事長 院長 / 
AIC画像検査センター 理事長
運営医療機関、当サイトについて