膵臓がん 画像上の危険因子に関するQ&A/ IPMNについて Q01
Q

IPMNを予防的に切除してしまうことは出来ないのでしょうか?

A
IPMNの予防的切除は、主膵管型のIPMNで主膵管に顕著な拡大が見られるものを除き、2021年現在、一般的には行われていません。

理由 01

膵臓は非常に重要な臓器であり、切除によりQOL(クオリティ オブ ライフ)が低下するため。

近年、膵臓がんが小さい場合には、膵臓の機能を残す手術方法が選択される場合がありますが、膵臓機能が100%残る保証はありません。予防的切除を行うことで膵臓の機能を失うリスクとIPMNの癌化のリスクとを天秤に掛け、一般的には予防的切除は行うべきではないと考えています。

理由 02

遺伝子変異が膵臓がんとなるまでの期間は非常に長いことがわかっています。

遺伝子変異が起こってから、膵臓がんになるまでの期間は10年から15年と言われています。膵嚢胞、限局的膵萎縮、主膵管狭窄・拡張などの画像診断上の危険因子は遺伝子変異が引き起こされたことを示していますが、膵臓がんであることを示しているものではありません。この段階では、膵臓がんが出現するまでの期間が残されている可能性があります。

理由 03

IPMNを予防的に切除しても再発する可能性がある程度高いため。

膵臓がんの遺伝子変異は膵臓全体に生じることがわかっており、膵臓を早期に部分切除しても残された膵臓に再度膵臓がんが発症する危険性があります。

膵嚢胞性腫瘍術後再発のパターンを解明 -膵がんの早... | プレスリリース・研究成果 | 東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY- 作成:2021年9月9日

膵臓がん 画像上の危険因子に関するQ&Aに戻る

  1. 膵臓がんの早期発見に対する当院の取組み >
  2. 膵臓がん 画像上の危険因子に関するQ&A >
  3. IPMNを予防的に切除してしまうことは出来ないのでしょうか?
当サイト監修
Seishi Sawano, MD, PhD
澤野 誠志 放射線診断専門医
AIC八重洲クリニック 理事長 院長 / 
AIC画像検査センター 理事長
運営医療機関、当サイトについて