03 経過観察の重要性とAIC画像検査センターの取組み

膵臓がんは、その多くが膵臓がんになるまで多くの日数を要する一方で、膵臓がんになると加速度的に悪化していきます。

(当院の取組み)
ゆっくり進行していく膵臓がん、画像上の危険因子に大きな変化が無いからといって経過観察を終わらせるのは危険です。
当院は、
1. 長期に渡って無理なく経過観察を行う為の「膵胆肝外来」を設置
2. いきなり膵臓がんでの余命宣告を受けることの無いよう、「膵臓MRIドック」を安価に設定しています。

  1. 膵臓がんの早期発見に対する当院の取組み >
  2. 膵臓がん早期発見の取組み >
  3. 経過観察の重要性とAIC画像検査センターの取組み
当サイト監修
Seishi Sawano, MD, PhD
澤野 誠志 放射線診断専門医
AIC八重洲クリニック 理事長 院長 / 
AIC画像検査センター 理事長
運営医療機関、当サイトについて