Risk Factors for Imaging Early Pancreatic Cancer

01 早期膵臓がんの画像上の危険因子

膵臓がんは「発見がしづらい
膵臓がんは殆どが「乏血性のがん」であるため、画像検査でがんの陰影を見つけづらいく、がんの陰影のみを追い掛けてしまうと見逃してしまう危険があります。

膵臓がんの画像上の危険因子
一方、膵臓がんは罹患前に、画像上に以下の危険因子が出現することがわかっており、膵臓がんに罹患する過程で、画像上の危険因子も状態が悪化していきます。

膵臓がんを見逃さない工夫=画像上の危険因子で膵臓がんの危険度を判断する
以上のことから、画像上の危険因子を精査することで膵臓がんの危険度を判断しつつ、膵臓がんの陰影を探してくことで、膵臓がんを見逃さない工夫をしています。

当院では以下の4つを膵臓がんの画像上危険因子としています。

1/膵嚢胞(IPMNを含む) 2/膵管及び分枝膵管の拡張、狭窄、途絶 3/膵の限局的萎縮、くびれ 4/膵石灰化(慢性膵炎・膵石)
  1. 膵臓がんの早期発見に対する当院の取組み >
  2. 膵臓がん早期発見の取組み >
  3. 膵臓がんの画像上の危険因子
当サイト監修
Seishi Sawano, MD, PhD
澤野 誠志 放射線診断専門医
AIC八重洲クリニック 理事長 院長 / 
AIC画像検査センター 理事長
運営医療機関、当サイトについて